FX NEWS

    FX NEWS

FX NEWS | FX初心者向けのコンテンツ満載

FXとは?

FXとは『Foreign Exchange』を略したものです。日本語では『外国為替証拠金取引』を 意味します。 似た言葉で『外国為替取引』があります。こちらは海外旅行に行くときに、相手の国のお金に 両替をします。この行為が外国為替です。 FXでは外国為替と違い、証拠金を担保にして通貨を交換します。こうして利益を得ていくのが FXの特徴です。 ではなぜ通貨を交換すると、利益が発生するのでしょうか。

海外FXの口座開設ボーナスまとめ | 総額10万円獲得のチャンス!

FXで利益を出す仕組み

それはFXが『未来を予測して利益を得る投資』だからです。 「昨日1ドル100円だったのに、今日は1ドル101円になっている」 為替レートは日々、変動します。 100円で買ったドルが、1円高い101円で売れました。ドルの為替レートが値上がりしたことによって1円の利益を得ることができたのです。 こうしてFX取引で利益(損失)が生まれます。

FXの取引時間

FXは土日以外のほぼ24時間、取引を行うことができます。外国為替市場は東京・香港・シンガポール・ロンドン・ニューヨークと世界中で開かれています。 ただし、年末年始は休場のため取引を行うことができません。 株式取引と違って取引可能な時間が長いため、仕事が終わってから自宅で夜間じっくりと取引できることも魅力です。 特に21時から2時頃はロンドン・ニューヨーク市場が重なる時間帯です。取引が活発に行われ、値動きも大きいことから、利益を出し易い時間帯と言えます。

FXの取引手数料

FX取引を行う場合、『スプレッド』というコストが発生します。スプレッドとは売値と買値の差額で、どのFX会社にも表記されています。 同じ通貨でもFX会社によってスプレッドは異なります。また、通貨によっても0.2銭や1.8とスプレッドには幅があります。 仮に0.2銭でいくらのコストが引かれるのでしょうか。 1,000通貨×0.2銭=2円 10,000通貨×0.2銭=20円 スプレッドは取引数量(通貨)が多いほど、多く発生します。

FXは「pips(ピップス)」という単位を用いる

FXは様々な国の通貨で取引を行うことができます。しかし通貨が違うため、単位やお金の価値をそのまま比べることはできません。 10ドルの変動と10ユーロの変動では、比較することは困難です。 そのためFXでは、『Pips』と言う共通単位を用いることで、比較し易いようになっています。 こうすることで各国の通貨を比べた時に、変動幅を比較することができるのです。

OCN光キャッシュバック | 光回線が最大6ヶ月無料のチャンス!

FXの魅力

少額から投資を始められる

投資と聞くとまとまったお金がないと、始められないと感じてしまうかもしれません。しかしFXは、少額から投資を始めることができます。 FX会社によって最小取引単位は異なります。最小取引単位とは、取引を始めるために必要な最低限の証拠金を指します。 最小取引単位が1Lot(ロット)=1,000通貨の会社もあれば、10,000通貨の会社もあります。 仮に1ドル100円で見てみると、100円×1,000通貨÷25倍(レバレッジ)=4,000円 つまり4,000円の証拠金で取引ができるのです。

預けた資金の何倍も大きな取引ができる

FXは『レバレッジ』を活かした取引が可能です。 口座に預けた資金の最大25倍の取引を行うことができます。 10万円で投資をしようとした場合、本来は10万円分の取引しかできません。 しかしレバレッジを上げれば上げる程、利益は大きくなっていきます。 例えば10万円でレバレッジ25倍で取引をした場合、250万円の取引をしていることになります。

為替差益だけではなく金利差でも利益を得られる

FXで利益を上げる方法として、『スワップポイント』と呼ばれる金利のような仕組みがあります。 トルコやメキシコ、南アフリカなどの発展途上国である新興国通貨は、外貨を集めるために高い金利設定がされています。 例えばメキシコ通貨であるペソを、6円の時に100,000通貨買ったとします。その際に得られるスワップポイントは1日100円です。 1年間預けていると、スワップポイントだけで36,500円が手元に入ってくることになります。

FXのリスクと注意点

高いレバレッジは大きな損失を出す可能性がある

FXは少額で投資できる取引です。しかし、 「FXはギャンブルだ」 「FXはハイリスクハイリターン」 と、言われることがあります。 その理由はレバレッジにあります。レバレッジを高くすると利益は大きくなります。 しかし利益が大きい反面、損失が拡大してしまうことも考えられます。 少額での大きな取引は、一瞬で資金を失ってしまう可能性だってあるのです。

性病検査キットおすすめ比較 | 気になる価格・精度は!?おすすめキット比較

ロスカット(自動決済)に注意しよう

ロスカットとは損失が拡大し、有効比率を下回った場合に強制的に決済されることです。 投資家の保護を目的としており、大きな損失を防ぐ役割があります。もしロスカットがなかった場合、証拠金を失うばかりでなく、追加でお金を支払うことになってしまいます。 ロスカットは大きな損失ですが、原則最低限のお金は残ります。ただし、あまりにも急激な変動だった場合は、証拠金以上の損失が発生することもあります。 どのFX会社でも口座情報で、現在の証拠金維持率が表示されています。大半が証拠金維持率が100%を切った場合、ロスカットが発生します。