FX NEWS

円安・円高とは?

円高・円安とは?をわかりやすく解説

円高とは?

円高とは日本円が高くなった、つまり円の価値が上がったことを意味します。 実際に比べてみると分かりやすいでしょう。 100円で1ドルを買う。 50円で1ドルを買う。 「100円から50円になった(下がった?)から、円安になった。」 というのは、間違いです。 以前は1ドルを買うために100円必要だったのに、今は50円で買えてしまう。 つまり円の価値が上がったのです。 これが円高です。

円安とは?

円安とは日本円が安くなった、つまり円の価値が下がったことを意味します。 先程と同じく、分かりやすくするために比べてみましょう。 100円で1ドルを買う。 200円で1ドルを買う。 「100円から200円になった(上がった?)から、円高になった。」 というのは、間違いです。 以前は1ドルを買うために100円必要だったのに、今は200円も出さないと買えない。 つまり円の価値が下がったのです。 これが円安です。

円高と円安はどっちがいいの?

円高のメリット・デメリット

円高のメリットは、海外の製品やサービスを安く買えることです。 海外旅行は円が強いので、安く行くことができます。 外国の高いワインも円が強いので、お得に買うことができます。 さらに日本は石油や天然ガスなどの資源エネルギーの大半を、輸入に依存しています。 結果として電気・ガス代が安くなり、家計は助かります。 対して円高のデメリットは、海外で製品が売れにくくなることです。 日本車を海外で販売する場合、円が強いために外国では割高になっていまいます。

円安のメリット・デメリット

円安のメリットは円が弱くなるため、海外で日本の製品が安く買えることです。 輸出企業の売り上げも円安の分増えるため、業績にも好影響がでます。 対して円安のデメリットは、海外の製品やサービスが高くなってしまうことです。 海外旅行は円が弱いために、割高になってしまいます。 資源エネルギーの輸入価格も上がってしまうため、食材や製品価格も上がってしまうことにつながります。

円高・円安の覚え方

円が下がったのに円高。 円が上がったのに円安。 ちょっと変な感じかもしれません。 覚えられない!分からない!という方は、1つだけ覚えておくと良いでしょう。 「1ドル100円が110円になった→円安」 これだけ覚えておくと、考える時の基準になります。 「円安ドル高」「円高ドル安」と、お互いの国の通貨は上がったり下がったりです。 通貨同士の価値を比較しているのです。 「円安ドル安」はありません。

為替差益とは?

為替は逐一、変動します。その変動する通貨の動きを利用すれば利益を得ることもできます。 例えば、 ①1ドル100円で買い、その後110円になった時に売る→10円の利益。 ②1ドル100円で売り、その後90円になった時に買う→10円の利益。 この利益のことを『為替差益』といいます。 FXではこの為替の動きを予測して、売買を行うことが主な目的となります。 しかし予測に反して為替が変動すると、損失が発生します。 FX取引には、常にリスクが伴います。

FXの円高・円安の意味を正しく把握する

FX取引を行うために円高ドル安などの言葉は、日常的に目にします。 さらに政治・経済にも関連したニュースや発表が日々行われています。 基本的な用語は必要な知識を理解する上で、必要不可欠です。 その基本となる円高・円安についてまずはしっかりと把握していきましょう。 FXはお互い相手の国の通貨をやりとりする『相対評価』です。 関連知識が身につくほどに、FXの奥の深さにさらなる魅力を感じることでしょう。