FX NEWS

レバレッジとは?

レバレッジとは

国内FXの最大レバレッジは25倍

国内でFX取引を行う場合、金融庁のレバレッジ規制によって最大レバレッジは25倍と定められています。 例えば10万円の証拠金を用意して、最大レバレッジの25倍で取引を行うとします。 その時の取引額は何と250万円です。 レバレッジは『テコの原理』とも呼ばれ、少ないお金で大きな取引を行うことができるのです。 国内FXは25倍までですが、海外FXは500倍や1000倍の会社があります。

レバレッジの計算方法

レバレッジとはあらかじめ設定しておくものではなく、取引終了や担保となる証拠金によって決まります。 レバレッジの計算方法は、『レバレッジ=(現在の為替レート×取引数量)÷証拠金』です。 例えば100,000円の証拠金で10,000ドルの取引を行いました。その時の為替レートが1ドル100円だった場合、(100円×10,000ドル)÷証拠金100,000円=10倍となります。

レバレッジのメリット

高いレバレッジをかける程、利益は大きくなります。これが最大のメリットです。 比較してみましょう。 ①証拠金100,000円で1ドル100円の時に10,000ドルを買いました。 ②証拠金50,000円で1ドル100円の時に10,000ドルを買いました。 その後110円でドルを売ると、差額は10円です。 ①は利益が100,000円なのに対し、②の利益は50,000です。 つまり、高いレバレッジをかけたことによって、利益が大きくなったのです。

レバレッジのリスク・デメリット

高いレバレッジで取引を行えば、大きな利益を得ることができます。 半面、予測と逆に為替レートが動いた場合は、大きな損失を出すことになります。 10万円利益を出すことができたということは、10万円の損失を出す可能性もあったということです。 用意した証拠金以上の損失が発生すると、最悪の場合負債を抱えたまま相場から退場させられることだってあるのです。

レバレッジをかけた取引のポイント

ロスカット対策として保証金に余裕を持つ

FX会社にはロスカットと呼ばれる仕組みがあります。 投資家の保護を目的としており、保有しているポジションの損失がある一定レベルに達すると、強制的にポジションが全て決済されます。 高いレバレッジで取引を行っている場合、その分損益が大きくなるために、ロスカットされる確率が高くなる傾向があります。 そうならないためにも、証拠金はゆとりを持って取引を行いましょう。

高すぎるレバレッジでの取引はリスクが高い

高いレバレッジでの魅力は、大きな利益を得るチャンスがあることです。 しかし、高すぎるレバレッジは、その分リスクも高まります。豊富な知識や経験があったとしても、急激な相場の変動は、必ずどこかで発生します。 1日中、為替レートから目を離さずに生活することは不可能です。むしろ高いレバレッジで取引を行うことで、生活や身体に支障を来すことにもつながりかねません。 レバレッジをかけた取引は、本来のお金よりはるかに大きなお金を動かしています。 自分が管理できる範囲で、レバレッジの大きさを決めましょう。

FX初心者に適切なレバレッジ

「レバレッジをかける」や「レバレッジを効かせる」とはどういう意味?

1万円で1万円の商品を買うのは、一般的な売買です。 しかし1万円で2万円、20万円の商品を買う。 1万円で2倍、20倍の買い物ができる。 これが「レバレッジをかける」や「レバレッジを効かせる」と言った意味です。 FXではこのように、担保となる証拠金を用意することで、最大25倍もの金額の取引を行うことができるのです。

レバレッジとロット(Lot)の違いは何ですか?

レバレッジとロットは、全く別物です。 レバレッジをかけることで、少ない金額でFX取引を行うことができます。 10万円の証拠金でレバレッジ25倍の取引を行うことで、250万円のお金を動かすことができます。 対してロットは、注文の単位数です。FX会社の多くは1ロット=10,000通貨で、まれに1,000ロットからでも取引を行うことができます。 ロットを使わずにFX取引を行うと、取引額によっては大変な数字が並びます。1,000mを1kmと表現していることと同じと考えるとイメージしやすいでしょう。

FX初心者は低レバレッジから取引を始めよう

FX取引はレバレッジをかけることで、少額からでも大きな利益を生み出すことができます。しかしそれは、ハイリスク・ハイリターンという仕組みに変わりありません。 FX取引の経験が少ない間は、低いレバレッジで取引する方が安全です。大きな利益は出しにくいですが、大きな損失を出すことはありません。FXという仕組みにしっかり慣れて、学んでいくという姿勢で望むと良いでしょう。 FX初心者が安心して相場感を養っていくことができるレバレッジは、5倍から10倍程度が良いとされています。