FX NEWS

スプレッドとは?

FXのスプレッドとは?

スプレッドとは通貨の売値と買値の差

スプレッドとは売値と買値の差のことを言います。取引手数料と同じ考えです。同じ通貨でもFX会社によって異なりますし、通貨によってもスプレッドは異なります。 FX取引を行う上でスプレッドは必ず発生するものです。しっかりと理解しておかないと同じ金額で取引をしているのに、気付かない内に損をすることになります。 スプレッドは取引手数料のためスプレッドが狭い程、利益額が大きくなります。

FX会社によってスプレッドは異なる

例えば米ドル/円を見てみると、 売値(Bid)100.000円 買値(Ask)100.002円 と、売値と買値には0.002円の差があります。つまりスプレッドは0.2銭ということになります。 しかし同じ米ドル/円でも 売値(Bid)100.000円 買値(Ask)100.100円 というFX会社もあります。この場合スプレッドは10銭となります。

通貨ペアによってスプレッドは異なる

一般的に取引量の多い通貨ほどスプレッドが小さくなる傾向があります。米ドル/円(0.2銭)やユーロ円(0.5銭)などスプレッドは小さめです。 逆に南アフリカランド/円(1.2銭)やトルコリラ/円(1.8銭)など、取引量の少ない新興国通貨はスプレッドが大きく設定されています。 スプレッドが小さい程、利益は大きくなります。そのためFX会社を選ぶ際にスプレッドを重視するトレーダーは多く存在します。

取引コストの計算方法

スプレッドは小さい方が良いことは、理解できそうです。しかし実際の取引でどれくらいのコストがかかるのでしょうか。 FX取引のスプレッドによる実際のコストは、「スプレッド×取引数量」で計算することができます。 例えば米ドル/円でスプレッドが0.2銭の時に10,000通貨の取引を行ったとします。この場合は、0.2銭×10,000通貨で2,000銭、つまり20円ということになります。 同じくスプレッドが0.2銭の時に1,000通貨の取引を行った場合、コストは2円ということになります。

FXのスプレッドが変動する要因や時間帯

重要な経済指標の発表前後

アメリカ雇用統計、各国の政策金利発表前、重要な会議後の要人からの発言前は、スプレッドが拡大します。 結果によっては相場が大きく変動するため、取引参加者からの注目度が増します。 発表後も相場の動きによっては値動きが激しくなり、取引が落ち着くまでスプレッドが拡大する時間が長くなることもあります。 しかし、発表時間はあらかじめ予定されているため、事前に準備をして取引に備えることができます。

突発的なサプライズ報道や経済イベント

災害やテロ、経済に大きな影響を及ぼす事件は、スプレッドが拡大します。突発的で予期できないため市場へ与える影響は大きく、混乱は長時間にわたるケースもあります。 報道後に訂正が入ることもありますが、第一報が与える心理的な影響は重大で、相場が一喜一憂で乱高下を繰り返すこともあります。 経済指標等のイベントと違い、予定されているものではありません。ある日突然、何の前触れもなく発生することもあります。 そのため日々、リスク管理は必要となります。

市場の流動性が少ない早朝や年末年始など

週明け月曜日(連休明け)や年末年始、地域によってはクリスマス休暇等、取引参加者が少ない時間帯は、お金の動きが減っています。 このような市場の流動性が低下しているタイミングでは、意識的な仕掛け売り(買い)が入ることもあります。その結果、相場は急変してスプレッドが大きくなることがあります。 急激な相場変動を事前に準備することはできないため、初心者は市場への参加者が少ない時間帯では、ポジションを持たない方が安全です。

FX会社選びの決め手はスプレッドの狭さだけではない

FXのスプレッドによるコストはいつ払っているの?

スプレッドによるコスト(手数料)は、後から請求されるものではありません。そもそもスプレッドとは、売値と買値の差のことです。 つまりFX取引をする度に、スプレッド(0.2銭や1.5銭)によって差額として自動的に引かれています。 つまり、取引の回数だけコストが発生するため、同じ通貨の取引を行うのであれば、0.1銭でも安いFX会社を選んだ方がお得なのです。

両建てした場合はスプレッドが発生するの?

両建てとは、同じ通貨で買いと売りの両方のポジションを同時に持つことです。 両建て取引を行った場合、買いと売りとそれぞれのポジションでスプレッドが発生します。 そうするとスプレッドのコストは2倍となります。 相場が上がるのか下がるのか分からない時に、両建てすることもあります。しかし、買いや売りのポジションを持った場合、プラスは残したいのですが、マイナスになっているポジションを決済するタイミングが、大変難しいのです。 決済するということはその度にスプレッド(コスト)が発生するため、余計な手数料を支払うことになります。